2015年08月17日

VRモデル・課題敷地モデルデータに関するお知らせ

BLJ2015のVRモデル・課題敷地モデルデータに関するお知らせです。

BLJ2015では、課題敷地周辺のVR(バーチャルリアリティ)モデルデータおよび
IFCデータを公開予定です。
これらのモデルは3次元計測技術により取得された3次元ポイントクラウド
(点群)データ(株式会社コイシ様提供)や杵築市様のGISデータなどを
基に作成されています。

VRモデルへは、BLJ2015で作成されるBIMモデルを統合して
景観シミュレーションを行うことを想定しており、
杵築市におけるパブリックビューイングの際に活用されます。
課題敷地IFCデータは、課題敷地の敷地境界や敷地条件などの情報を得たり、
日影や風環境など各種シミュレーションを行う際に活用できます。

[画像:BLJ2015課題敷地周辺の3D点群データ]
20150817_全体_点群.jpg

[画像:作成中のBLJ2015課題敷地IFCデータ]
20150817_BLJ2015課題敷地.jpg

VRモデル、課題敷地IFCデータのベータ版は8月下旬頃に公開予定です。
詳細な課題敷地情報を含んだ課題敷地IFCデータは
9月9日のBLJ2015開始時に公開となります。


=============================

■BLJ2015 参加受付中です!
お申し込みはIAIホームページから↓
http://www.building-smart.jp/event/event_index.php#EVENT150909
[参加申込締切は8月31日です]


■全プロポーザルをFacebook応募者ページにて公開中です!

BLJ2015公式Facebook - 応募者グループ↓
https://www.facebook.com/groups/blj2015party/BLJ2015FB応募者G.png


posted by BLJ2015 at 15:30| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。