2015年09月09日

チーム紹介 【K-Crafts】

エントリーB 【K-Crafts】

Q1.チーム構成
A1. 建築意匠研究室3名、建築構造研究室9名の合計12名

Q2. 過去のBuild Liveにエントリーされたことはありますか?
A2. 構造研究室として過去にエントリーしたことがありますが、意匠研究室と構造研究室の合同でのエントリーは初めてです。

Q3. エントリーされた動機はなんでしょうか?
A3. CADの授業でBIMという設計方法を知り、これから社会に出ていくにあたって一つ大きな挑戦をしてみたいと思い、このBLJ2015にエントリーさせていただきました。

Q4.今回のBuild Liveの舞台のまち、大分県杵築市に対して、どんな印象をお持ちですか?
A4. 自然が多く古風で静かな印象です。しかし、この静けさは観光地としてではなく、杵築市本来の静かさではないかと感じ、何か物取りなさを感じました。

Q5.今回のBuild Liveは杵築市の城下町地区のまちなみ再生という設定ですが、設計のアピールポイントはなんでしょうか?
A5. 「きっと好き!をなる杵築」から『もっと好き!になる杵築』を目指して設計を行います。

Q6.3次元設計BIMツールはどこでどれくらい学ばれましたか?
A6. 大学3年の授業でArchiCADでの設計のやり方を半年かけて学びました。

Q7.チームリーダ、貴方にとってBIMってなんでしょうか?
A7. 一人では作り出すことのできない、新たな設計の可能性を拡げるツールだと思います。

Q8.スタートに当たり事前に何を準備される/されましたか?
A8. 現地へ赴き、敷地調査や現状の視察を行いました。

Q9.住民はBuild Liveをわくわくしながら待って下さっています。住民へのひとことをお願いします。
A9. 私たちはオープンな設計を目指しています。そのため様々なツールを使って色々な情報を公開しています。もしよろしければコメントや評価をしていただき、一人のクライアントとして設計に関わっていただけると幸いです。

猫猫
「もっと好き!」ってよい言葉ですね♪ 
視察された、杵築のまちを、もっともっと・・よくする提案してくださいね。


posted by BLJ2015 at 17:03| チーム紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。