2015年09月09日

チーム紹介 【見沼ドラゴンズ】

エントリーC 【見沼ドラゴンズ】

Q1.チーム構成
A1. 芝浦工業大学 理工学研究科 建設工学専攻 6名
  芝浦工業大学 システム理工学部 環境システム学科 4名
  芝浦工業大学 デザイン工学部デザイン工学科 1名
   計11名
  
Q2. 過去のBuild Liveにエントリーされたことはありますか?
A2. あります。

Q3. エントリーされた動機はなんでしょうか?
A3. 研究室での日々の取り組みを活かしたいと考えたためです。

Q4.今回のBuild Liveの舞台のまち、大分県杵築市に対して、どんな印象をお持ちですか?
A4. 歴史と地形が織り成す風景が印象的なまち。

Q5.今回のBuild Liveは杵築市の城下町地区のまちなみ再生という設定ですが、設計のア
ピールポイントはなんでしょうか?
A5. 杵築市を形作っている地形を街の資産とし、活かせるような提案です。

Q6.3次元設計BIMツールはどこでどれくらい学ばれましたか?
A6. 参加者は全員、学部1年次から学んでいます。

Q7.チームリーダ、貴方にとってBIMってなんでしょうか?
A7. 自身の思考を拡張し、創発を与えてくれるものです。

Q8.スタートに当たり事前に何を準備される/されましたか?
A8. 杵築市の地形を建築提案に取り入れたいと考え、敷地分析を徹底的に行いました。

Q9.住民はBuild Liveをわくわくしながら待って下さっています。住民へのひとことをお願いします。
A9. 今年のテーマは「地相を読む、地歴を編む」です。杵築の美しい風景を分析し、その歴史を編むように考えていきます。コンピュータならではの分析方法で、杵築市の誰も気づかなかったような街の魅力を発見し、美しい風景を杵築市に提案します。

猫猫
今年もエントリーですね! テーマの「読む、編む」という表現にひかれてしまいました。
是非、今以上に美しい杵築のまち、期待しています


posted by BLJ2015 at 17:09| チーム紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。