2015年09月09日

チーム紹介 【大阪市立都島工業高校 KITTNES】

エントリーJ 【大阪市立都島工業高校 KITTNES】

Q1.チーム構成
A1. 大阪市立都島工業建築科は計画・生産・英数のコース制をとっています。
  大学や高専への進学者を対象とする、英数コースより選抜されました。

Q2. 過去のBuild Liveにエントリーされたことはありますか?
A2. 先輩が「よんすけ」というチームでエントリーされていましたが、個人個人としては初めてです。

Q3. エントリーされた動機はなんでしょうか?
A3. 英数コースは設計をはじめ、建築に関する実習などが他のコースに比べ少ないため、スキルアップを目指してエントリーさせていただきました。

Q4.今回のBuild Liveの舞台のまち、大分県杵築市に対して、どんな印象をお持ちですか?
A4. HPやGoogle ストリートビューなどでしか拝見したことがないのですが、かつての城下町としての気品や雰囲気がある場所だと思います。

Q5.今回のBuild Liveは杵築市の城下町地区のまちなみ再生という設定ですが、設計のアピールポイントはなんでしょうか?
A5. 分断した課題敷地を物理的につなげるのではなく、町の機能としてのつながりをテーマに設計に取り組みたいと思います。

Q6.3次元設計BIMツールはどこでどれくらい学ばれましたか?
A6. 学校のコンピューター室で2週間程度、放課後を利用しArchiCADの操作を中心に学びました。

Q7.チームリーダ、貴方にとってBIMってなんでしょうか?
A7. これから建築に携わっていく上で知っておくべき概念だと思います。

Q8.スタートに当たり事前に何を準備される/されましたか?
A8. ArchiCADの操作練習。

Q9.住民はBuild Liveをわくわくしながら待って下さっています。住民へのひとことをお願いします。
A9. 実務や大学生の方々に比べわれわれは知識も経験も少ない中での挑戦ですが、今持てる知識やスキルを発揮できればと思います。よろしくお願いいたします。

猫猫
3回目参加ですね、今年も唯一の高校生! 時間的制限もありますが、今の高校生が見る「城下町」、楽しみにしています。


posted by BLJ2015 at 18:21| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。