2015年09月09日

チーム紹介 【AEDL】

9月9日 13時 「BuildLiveJapan2015」 開始いたしました。
今年のエントリーは12チーム。
ALLエントリーの「スカンクワークス」をはじめ、初エントリーは3チームです。

では、12チームをエントリー順に、各々紹介していきます。

****************************************************
エントリー@ 【AEDL】 


Q1.チーム構成
A1.修士3人、学部4人の合計7人。

Q2. 過去のBuild Liveにエントリーされたことはありますか?
A2. 去年参加しました。

Q3. エントリーされた動機はなんでしょうか?
A3. BIMを学ぶため、多人数での作業の経験を積むため。

Q4.今回のBuild Liveの舞台のまち、大分県杵築市に対して、
  どんな印象をお持ちですか?
A4.歴史や伝統を大切にしている印象です。

Q5.今回のBuild Liveは杵築市の城下町地区のまちなみ再生と
  いう設定ですが、設計のアピールポイントはなんでしょうか?
A5.城下町としてのイメージを損なうことなく、昼と夜で違う面を
  もつ建築を提案していきたいです。

Q6.3次元設計BIMツールはどこでどれくらい学ばれましたか?
A6.大学で学部4年の時から学んでいます。

Q7.チームリーダ、貴方にとってBIMってなんでしょうか?
A7. 今まで建築設計において、手書きの図面から2D図面に移行
  したように、次はBIM(3Dモデル)に移行すると考えて
  います。BIMはそんな存在であり、今までの建物より無駄が
  なく、より環境に配慮した建物を設計することができる
  新しい建築形態だと考えています。

Q8.スタートに当たり事前に何を準備される/されましたか?
A8.杵築市について調べました。

Q9.住民はBuild Liveをわくわくしながら待って下さって
  います。住民へのひとことをお願いします。
A9.杵築市を全国的にアピールできるような提案を行っていきたい
  と考えています。宜しくお願いします。

猫2回目のエントリー、昨年よりも一歩進んだBIM活用、期待しております♪昼と夜の違い・・・、とても風情のあるまちですので楽しみです。猫


posted by BLJ2015 at 15:49| チーム紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。