2015年09月13日

最終ゴールに向けて、提出物のお知らせ

いよいよ、最終日となりました!

最終ゴールに向けて、今一度、提出物の種類、データサーバーの保存先等、
メンバーで相互チェックしながら進めてください。

締切り直前はサーバーのアップロードが混み合いますので
大きなデータは必ず圧縮ファイルの状態で登録していただくよう
お願いします。

【以下、提出物情報です】
-----------------------------------------------------------

●中間作業時のデータのアップロード

杵築市で開催のパブリックビューイング、また審査時に利用いたします。
関連フォルダに、判断できるファイル名で登録ください。

アップロード・ダウンロードの効率化のため、大きなデータについては圧縮をお願いします。

●各審査データについて

完了したデータは、「チーム情報」フォルダに登録をお願いします。
13日13時からのパブリックビューイングに利用しますので、
以下の3つを優先してアップロードするようお願いします。
・「住民プレゼンテーション画像(ロゴ付)」必須
・「住民プレゼンテーション用映像」必須
・「建設費・維持運営費の概算書」任意


その後、以下の3つをアップロードしてください。(13日中とします)
・完成作成(IFCモデル)<<必ず圧縮ファイルにてお願いします>>
・データ交換したファイル
・判断の元となったデータのファイルなどとその説明資料

※ 時間内にアップできないと判断した場合
  作成されたファイルのtimestampが制限時間内であれば、
  13日中のアップであれば認めます。
  お手数ですが、ネットワークの遅延等で遅れたファイルについては、
  リストを作成の上、BLJ2015広報(飯田)宛てにメールしてください。
  (できるだけ締切り前にお願いします)

●VR用データは14日(月曜)12時までに「クラウドVR」用フォルダ
 登録してください。


提出物の詳細は、「募集要項B 追補(※15.09.07 更新)」の
2〜3ページ目でご確認ください。

-----------------------------------------------------------

ご不明な点は、BLJ事務局までお願いします。

最後までもう一息、頑張りましょう!



posted by BLJ2015 at 00:33| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月11日

UC-win/Road へのモデルの読み込みについて [RevitとBentley Architecture]

住民プレゼンテーションで使用する UC-win/Road への
データ読み込み手順書をブログにアップしました。

Revit、Bentley Architecture は少し手順がありますので
参考にしてください。

[ファイル]
■Revit を UC-win/Road に読み込む手順
■Bentley Architecture を UC-win/Road に読み込む手順


右の〔ドキュメントリスト〕に、本日公開しました
Solibri Model Checkerテンプレートもリンクしましたので、
適宜ダウンロードしてご利用ください




posted by BLJ2015 at 19:05| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Archi Future 2015へお申し込みください!

宴もたけなわではございますが、Archi Future 2015の申し込みが始まりましたexclamation 興味深いセミナーや展示が目白押しでするんるん
Build Live Japan 2015にご参加いただいているチームの皆様、関係者の皆様におきましては、BLJ2015の結果発表、プレゼン、表彰式などを Archi Future 2015のセミナー S-1 にて行いますゆえ、参加申し込み(入場無料)をお忘れ無きよう、よろしく申し上げますexclamation×2
AF2015.png

申し込みーページはこちら!

交通費は出ません。あしからずご了承ください。
posted by BLJ2015 at 18:00| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【連絡】A1ポスター用クレジット画像

参加各チームの皆様へのお知らせです。
※チームリーダーの皆様にはメールでもご案内しております※

---------------------------------------------------------

募集要項B 追補版 (※15.09.07 更新)記載の、住民プレゼン用のA1ポスターに
掲載するクレジット画像を用意しました。
 ・BLJ2015_Poster_logo.jpg
 ・BLJ2015_Poster_logo.PDF(Illustrator用)
 内容はどちらも同じです。

提出物のA1ポスターに上記クレジットがない場合は、
運営スタッフの方で挿入いたしますが、
できるだけ各チームにて右下に配置した状態で提出ください。

【ダウンロード】
[アルファオフィス]→[BLJ2015]→[00-01 課題敷地データ]フォルダ
件名:A1ポスター用クレジット画像(1/2) および (2/2)


【リンク】
  • A1ポスターPDFファイル
  • BLJ2015A1ポスター用ロゴ画像

  • ---------------------------------------------------------

    A1ポスターは、来週開催される杵築市でのパブリックビューイング
    終了後も市役所ホールに展示される可能性も高いので、ポスターだけでも
    チームのみなさまの アピールが伝わるような魅力的なものを作ってください!




    posted by BLJ2015 at 16:58| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    【重要なお知らせ】BLJ2015提供モデルの使い方に関する追加情報

    今回提供しているIFCモデル、VRモデルをBIMソフトで使うにあたり、
    幾つか問い合わせを受けております。
    こちらで回答いたしますので、参考にしてください。


    1.課題敷地データ作成過程の情報
    杵築市の現状敷地は平坦ではありません。また、敷地の標高も異なります。
    提供している敷地モデルは、点群デ−タから起こしていますので、
    現況に近い形状です。
    このため、個々の敷地で、道路や歩道、裏側の崖などの障壁との取り合いも、
    高低差を含めそれぞれ複雑です。
    敷地内部は平面(勾配はあります)にしましたが、隣接地盤、歩道との
    取り合いで段違いを極力抑えるために外周のポリゴンは残しています。


    2.提供した課題モデルに、建物モデルを加える場合の留意点
    この敷地モデルに施設を乗せるとフロア設定によっては、
    1Fの床の上に敷地が顔を出すなどの状況が考えられます。

    解決策の例として、参考にしてください。


    ・フロア設定を今より高くし、取り付き部分に階段やスロ−プを付ける
    ・1階のスラブ厚を200o→500oのように変えて室内に顔を出した敷地を消す
    ・施設内部に中2階を設けて処理する


    また、IFCモデルにある情報を活用してみてください。

    ・個別敷地の断面を切って、1階フロア高さの設定に必要な平均敷地高さを調べる
    ・敷地自体を水平面に作りなおす情報はIFC-Spaceから取得する


    配布デ−タは、画層管理で要素を「取出」、「配置」、「削除」、
    「再構築」できる仕組みです。
    余裕があれば、車道や歩道、また裏の擁壁も編集してみてください。



    3.VRモデルについて
    UC-win/Roadのデータは、(敷地あり).rdと(敷地なし.rd)を
    提供しています。
    建物モデルを乗せるだけなら(敷地あり).rdを、
    敷地ごとモデル化するなら(敷地なし).rdを使ってみてください。


    VRモデルをアルファオフィスにアップロードするときは、
      圧縮ファイル形式でお願いします。
     (サーバーの容量確保にご協力お願いします)


    以上、『BLJ2015提供モデルの使い方に関する追加情報』でした


    -----------------------
    ※そろそろ、第1ゴールの時間です・・・! 
     FBにスレッドを立てますので、ゴールする方は「宣言」をお願いします!


    posted by BLJ2015 at 12:27| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。