2015年09月09日

チーム紹介 【キセキ】

エントリーK 【キセキ】

Q1.チーム構成を教えてください
A1. 八千代都市建築設計より8人、八千代エンジニヤリングより2人の合計10人です。

Q2. 過去のBuild Liveにエントリーされたことはありますか?
A2. 前回に続き2度目です。

Q3. エントリーされた動機はなんでしょうか?
A3. 社員の技術力向上と、昨年の雪辱のため。

Q4.今回のBuild Liveの舞台のまち、大分県杵築市に対して、どんな印象をお持ちですか?
A4. のどかで昔の雰囲気を残した、趣のある印象。

Q5.今回のBuild Liveは杵築市の城下町地区のまちなみ再生という設定ですが、設計のアピールポイントはなんでしょうか?
A5. まちの要素を生かした計画

Q6.3次元設計BIMツールはどこでどれくらい学ばれましたか?
A6. 1年とちょっとです。

Q7.チームリーダ、貴方にとってBIMってなんでしょうか?
A7. コミュニケーションツール

Q8.スタートに当たり事前に何を準備される/されましたか?
A8. 見学会参加、使用ツールの操作、杵築市について調査

Q9.住民はBuild Liveをわくわくしながら待って下さっています。住民へのひとことをお願いします。
A9. 杵築市の風土に根差したまちづくりを考えます。

猫猫
2回目のエントリーありがとうございます。「雪辱」ですか!?肝に銘じながら、BLJの流れを見せていただきます。 「BIM=コミュニケーションツール」、同感です。


posted by BLJ2015 at 18:28| チーム紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チーム紹介 【大阪市立都島工業高校 KITTNES】

エントリーJ 【大阪市立都島工業高校 KITTNES】

Q1.チーム構成
A1. 大阪市立都島工業建築科は計画・生産・英数のコース制をとっています。
  大学や高専への進学者を対象とする、英数コースより選抜されました。

Q2. 過去のBuild Liveにエントリーされたことはありますか?
A2. 先輩が「よんすけ」というチームでエントリーされていましたが、個人個人としては初めてです。

Q3. エントリーされた動機はなんでしょうか?
A3. 英数コースは設計をはじめ、建築に関する実習などが他のコースに比べ少ないため、スキルアップを目指してエントリーさせていただきました。

Q4.今回のBuild Liveの舞台のまち、大分県杵築市に対して、どんな印象をお持ちですか?
A4. HPやGoogle ストリートビューなどでしか拝見したことがないのですが、かつての城下町としての気品や雰囲気がある場所だと思います。

Q5.今回のBuild Liveは杵築市の城下町地区のまちなみ再生という設定ですが、設計のアピールポイントはなんでしょうか?
A5. 分断した課題敷地を物理的につなげるのではなく、町の機能としてのつながりをテーマに設計に取り組みたいと思います。

Q6.3次元設計BIMツールはどこでどれくらい学ばれましたか?
A6. 学校のコンピューター室で2週間程度、放課後を利用しArchiCADの操作を中心に学びました。

Q7.チームリーダ、貴方にとってBIMってなんでしょうか?
A7. これから建築に携わっていく上で知っておくべき概念だと思います。

Q8.スタートに当たり事前に何を準備される/されましたか?
A8. ArchiCADの操作練習。

Q9.住民はBuild Liveをわくわくしながら待って下さっています。住民へのひとことをお願いします。
A9. 実務や大学生の方々に比べわれわれは知識も経験も少ない中での挑戦ですが、今持てる知識やスキルを発揮できればと思います。よろしくお願いいたします。

猫猫
3回目参加ですね、今年も唯一の高校生! 時間的制限もありますが、今の高校生が見る「城下町」、楽しみにしています。
posted by BLJ2015 at 18:21| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チーム紹介 【EeL_10】

エントリーI 【EeL_10(イールテン)】

Q1.チーム構成
A1. 芝浦工業大学澤田研究室:修士2年4人、修士1年3人、学部4年4人の合計11名。

Q2. 過去のBuild Liveにエントリーされたことはありますか?
A2. 2回目です。

Q3. エントリーされた動機はなんでしょうか?
A3.  芝浦工業大学澤田研究室では、BIMを上流の設計段階から利用することにより、気づき発見を呼び起こし、設計する上でのエビデンスとすることを研究しています。「説明責任」を果たす設計へBIMがいかに有効であるか・また新しいBIMの使い方を探求・発表する機会としてBLJへのエントリーを決めました。

Q4.今回のBuild Liveの舞台のまち、大分県杵築市に対して、どんな印象をお持ちですか?
A4. 様々な時代を感じられるスポットが多いと感じました。

Q5.今回のBuild Liveは杵築市の城下町地区のまちなみ再生という設定ですが、設計のアピールポイントはなんでしょうか?
A5. 街に流れる風や光などの自然環境や街の生活という定性的な情報を、BIM/ICTによって、数値化及び図化し、それを元にした定量的建築設計/まちづくりを志向します。

Q6.3次元設計BIMツールはどこでどれくらい学ばれましたか?
A6. 学部2年生から、授業で3次元設計BIMツールを用いた設計を学んでいます。

Q7.チームリーダ、貴方にとってBIMってなんでしょうか?
A7. 設計者の可能性を引き出す考え方です。

Q8.スタートに当たり事前に何を準備される/されましたか?
A8.  現地情報の整理。

Q9.住民はBuild Liveをわくわくしながら待って下さっています。住民へのひとことをお願いします。
A9. 街固有の環境からまちづくりを行うことを、BIMによって実現します。よろしくお願いします。

猫猫
今年もエントリーありがとうございます。「定量的建築設計/まちづくり」に魅かれちゃいました、ぜひ、多くの情報を分析した設計期待しております。
posted by BLJ2015 at 18:17| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チーム紹介H 【東京都市大学インテリアプランニング研究室】

エントリーH 【東京都市大学インテリアプランニング研究室】

Q1.チーム構成
A1. 東京都市大学インテリアプラニング研究室
  3年生17人 4年生9人

Q2. 過去のBuild Liveにエントリーされたことはありますか?
A2. 2011年度から今年で5回目のエントリーです。

Q3. エントリーされた動機はなんでしょうか?
A3. 杵築市に実際に行き、杵築の人の人柄の良さに心を動かされたためです!

Q4.今回のBuild Liveの舞台のまち、大分県杵築市に対して、どんな印象をお持ちですか?
A4. 杵築の方はとにかく挨拶をしてくれるのがとても印象的です!
老若男女問わず挨拶をしてくれるため、旅行にきたはずなのにどこか安心感がありホッとする町だと思います!

Q5.今回のBuild Liveは杵築市の城下町地区のまちなみ再生という設定ですが、設計のアピールポイントはなんでしょうか?
A5. 杵築の魅力は「見る」だけではなく「体験する」ことに大きな意味があると思います!
そこをポイントにおき、地元の人々と観光客が交流し時間を共にすることで皆が楽しめる、そんな町にしていけるようなプランを考えています!具体的な内容はお楽しみです!!

Q6.3次元設計BIMツールはどこでどれくらい学ばれましたか?
A6. 大学1年生の頃から授業で学んできました。

Q7.チームリーダ、貴方にとってBIMってなんでしょうか?
A7.クライアントの立場で建築を企画・マネジメントするツールだと思っています!

Q8.スタートに当たり事前に何を準備される/されましたか?
A8. 実際に杵築に行き、街並みを知り市民の声を聞く。シンプルだけど準備段階で杵築の方々の思いや求めているものを深く考えながら、皆でとにかく話し合いをしてきました。

Q9.住民はBuild Liveをわくわくしながら待って下さっています。住民へのひとことをお願いします。
A9. 杵築の皆様の期待にこたえられるようにチーム皆が一体となって頑張ります!!
杵築という町を本来の良さを十分に活かしつつ、他のまちにはないような魅力的なまちにしていきましょう!!ぜひ応援よろしくお願い致します!

猫猫
下見の時は、皆さんで参加いただきありがとうございました。
是非、現地で感じたことを形にしてくださいね!

posted by BLJ2015 at 18:09| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チーム紹介 【wit。】

エントリーG 【wit。】

Q1.チーム構成
A1. 大阪工業大学の空間デザイン学科の1〜3年生で構成されたチームです。

Q2. 過去のBuild Liveにエントリーされたことはありますか?
A2. 初めてです。

Q3. エントリーされた動機はなんでしょうか?
A3. 他の大学が参加していたということと、これからの設計に必要不可欠な経験ができると考えたからです。

Q4.今回のBuild Liveの舞台のまち、大分県杵築市に対して、どんな印象をお持ちですか?
A4. まちの景観についての意識をもっており、城下町の風情が漂うまちという印象があります。

Q5.今回のBuild Liveは杵築市の城下町地区のまちなみ再生という設定ですが、設計のアピールポイントはなんでしょうか?
A5. メンバーそれぞれの感性を生かし、杵築市ならではの景観を活かせるような設計。

Q6.3次元設計BIMツールはどこでどれくらい学ばれましたか?
A6. 1か月〜3か月程度です。

Q7.チームリーダ、貴方にとってBIMってなんでしょうか?
A7. 構造・デザインなどを総合的に考え設計することができるツールであると思います。今回は特にデザインや地域とのつながりについてBIMを用いて考えたいと考えています

Q8.スタートに当たり事前に何を準備される/されましたか?
A8. 杵築市におけ8る様々なことを調べ、設計に生かせるものがあるのか考えました。

Q9.住民はBuild Liveをわくわくしながら待って下さっています。住民へのひとことをお願いします。
A9. 市民の皆様に納得していただける設計となるよう頑張りますので宜しくお願いします

猫猫
初エントリーありがとうございます。ツールを勉強して3ヶ月、ですか! これから学ぶ人たちも楽しみにしていると思います。ぜひ、このイベント楽しんでくださいね。
posted by BLJ2015 at 18:05| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。